法相と検察当局が全面対決 文大統領が曺国氏の法相任命を強行した背景は

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
検察改革を巡る韓国政府内の対立
検察改革を巡る韓国政府内の対立

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は9日、娘の大学不正入学疑惑などで検察当局の捜査を受けている側近で青瓦台前民情首席秘書官の曺国(チョグク)氏を法相に任命した。一方で検察当局はこの日も、曺氏の家族が投資した私募ファンドの運営会社代表の逮捕状を請求し、疑惑に関する捜査を継続。任命の強行によって、法相とその監督下にある検察当局が全面対決する異例の事態となった。 【ソウル堀山明子】

 任命式で文氏は、曺氏の法相任命について「(国会の)聴聞会まで終え、本人の明白な法律違反が確認されなかったのに、(家族の)疑惑だけで任命しないなら悪い前例になる」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文995文字)

あわせて読みたい

注目の特集