メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介助犬エルモ、天寿を全う シンシアの後を継ぎ補助犬広める活動の先頭に立つ

介助犬普及のため面会した麻生太郎首相(当時)の顔をなめるエルモ=首相官邸で2009年2月13日、藤井太郎撮影

 2002年の身体障害者補助犬法成立に貢献し、06年に死んだシンシアの後を継ぎ、日本介助犬使用者の会会長、木村佳友さん(59)の介助犬を務めたラブラドルレトリバーのエルモ(雄、16歳)が9日、兵庫県宝塚市の木村さん宅で息を引き取った。

 エルモは05年12月に介助犬認定を受け、車椅子で生活する木村さんの2代目の介助犬となった。木村さんと各地を回り、大規模事業所に補…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  5. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです