メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号 関東地方通過で「記録的な暴風」 各地でけが人 交通網直撃

[PR]

台風15号の影響でネットごと倒壊したゴルフ練習場のポール=千葉県市原市で2019年9月9日午前10時9分、本社ヘリから玉城達郎撮影

 強い台風15号は8日夜から9日早朝にかけて、関東地方を通過し、関東の東の海上に抜けた。9日午前5時前に千葉市付近に上陸し、千葉市中央区で最大瞬間風速57・5メートルと観測史上1位を記録するなど関東南部は「記録的な暴風」に見舞われた。上陸直後の台風の中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートルで、関東に上陸した台風では最大クラスとなった。

 JR東日本や首都圏の私鉄各社は8日の終電を繰り上げ、9日の始発から運転を見合わせた。東海道新幹線は9日始発から東京―小田原間で運休し、9日午前7時40分に運転を再開した。

 警視庁によると、9日午前5時20分ごろ、東京都世田谷区大原2の路上で「人が倒れている」と通報があった。50代の女性が病院に運ばれたが死亡。風にあおられて転倒した可能性があるという。毎日新聞の集計では、9日正午現在、埼玉、千葉、茨城、神奈川、静岡、東京の1都5県で少なくとも29人が転倒するなどして重軽傷を負った。

 総務省消防庁によると、神奈川、静岡、埼玉、栃木の4県では建物の屋根が壊れるなど一部破損の被害が計26棟あった。東京電力によると、9日午前に一時、千葉県や神奈川県などで約93万戸が停電した。

 気象庁によると、最大瞬間風速は千葉市中央区のほか、東京都神津島村58・1メートル▽千葉県木更津市49・0メートル▽同県成田市45・8メートル▽東京都大田区羽田43・2メートル――など各地で観測史上1位を記録した。

 静岡県伊豆市では9日未明、1時間に109・0ミリの雨が降り、観測史上1位を更新した。10日正午までの24時間予想雨量は東北80ミリ。土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけている。【安藤いく子、川上珠実、松本惇】

観測史上最大の瞬間風速を記録した主な地域

東京都神津島村 58・1メートル

千葉市中央区  57・5メートル

千葉県木更津市 49・0メートル

同県成田市   45・8メートル

東京都大田区羽田43・2メートル

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです