メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税10% 生活どう変わる

「消費税増税 あわ(阿波)ふく国民」で世相表す大造り物 熊本・山都の八朔祭り

山都町の中心部を引き回される「阿波踊り」の大造り物。マツカサ、ホオズキなどの自然素材だけで3人の踊り手のたおやかでダイナミックな動きを表現した=熊本県山都町で2019年9月8日、福岡賢正撮影

 熊本県山都(やまと)町で8日、「八朔(はっさく)祭」の大造り物引き回しがあり、杉やマツカサ、ホオズキなどの自然素材だけでこしらえた阿波踊りの踊り手や加藤清正像など11基が見物客でにぎわう町の中心部を練り歩いた。

 八朔祭は約260年の歴史があり、最大の呼び物が商店街の連合組などが世相や流行、庶民の願望を反映させて制作する大造り物の…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです