メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エルモ逝く「おちゃめでいつも周囲を笑顔に」 シンシアの後継ぎ、木村佳友さん介助 

自宅でくつろぐ木村佳友さん、美智子さん夫妻と介助犬エルモ=兵庫県宝塚市で2014年4月27日午後3時25分、花牟礼紀仁撮影

 日本介助犬使用者の会会長、木村佳友さん(59)の介助犬を務めたラブラドルレトリバーのエルモ(雄、16歳)が9日、兵庫県宝塚市の木村さん宅で息を引き取った。身体障害者補助犬法成立(2002年)に貢献して06年に死んだシンシアの後を継ぎ、補助犬を社会に広める活動の先頭に立った。葬儀は10日午前11時、同市御殿山4の宝塚動物霊園で営まれる。

 エルモは05年12月に木村さんの2代目介助犬となった。大規模事業所に補助犬の受け入れを義務付けた07年の同法改正で大きな役割を果たし、14年4月に引退。3代目の介助犬デイジーとともに木村さん宅で暮らしていたが、今月に入って体調が悪化していた。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです