NHK、2021年大河は渋沢栄一が主人公 「青天を衝け」 吉沢亮さん主演

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」で渋沢栄一役を演じる吉沢亮さん=東京都渋谷区で2019年9月9日午後5時40分、根岸基弘撮影
2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」で渋沢栄一役を演じる吉沢亮さん=東京都渋谷区で2019年9月9日午後5時40分、根岸基弘撮影

 NHKは9日、2021年放送の大河ドラマは「青天を衝(つ)け」で、主演に俳優の吉沢亮さん(25)を起用すると発表した。主人公は、数多くの企業の設立・経営に関わり「日本の資本主義の父」とも呼ばれている渋沢栄一。24年度発行予定の新1万円札の肖像に描かれることが決まっている。ドラマでは、波乱に満ちた渋沢の生涯と、幕末から明治にかけての激動の時代が描かれる。

 この日、東京都渋谷区のNHK放送センターで開かれた記者会見に登場した吉沢さんは「歴史ある大河ドラマの60作目の主演をやらせていただくのは、とても光栄。その半面、プレッシャーも尋常じゃないくらいあるが、精いっぱいやりたい。渋沢栄一という人間の人生を、エンターテインメントとして楽しく届けたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文574文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集