健保連「医療費、75歳以上の負担2割に」 引き上げ政策提言を発表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大企業の健康保険組合で組織する「健康保険組合連合会」(健保連)は9日、75歳以上の後期高齢者の医療費の自己負担額を今の1割から2割に引き上げる政策提言を発表した。団塊の世代(1947~49年生まれ)が後期高齢者になる2022年から医療費がさらに膨張するため、政府に改革を求める。

 健保連の試算では、会社員の給料に占める医療、介護、年金の社会保険料の割合が、健保組合の平均で19年度29%から22年度30…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集