メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語民間試験 全国高校長協会が延期を文科省に要望へ

文部科学省=東京都千代田区で、長谷川直亮撮影

 2020年度に始まる大学入学共通テストで導入される英語民間試験について、全国高校長協会は9日、「受験生の不安が解消できていない」として、文部科学省に対し現状のままならば実施を見送ることを求める方針を固めた。10日に文科省へ要望する。国公私立高の代表者で組織する団体が受験生を代弁して見直しを求めたことで、「見送り論」が強まることは必至だ。

 都道府県代表の高校長が東京都内で会合を開き、協会の総意として方針を確認した。協会は今年7月、文科省に「希望の時期、場所で受験する見通しが立たない」「暮らす地域や家庭の経済状況による格差の解消が不十分」などとして、早期の対応を求める要望書を提出した。その後も改善策が示されておらず、多くの出席者から「事態の収拾につながっていない」との意見が相次いだという。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  2. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 「昔の恋人が忘れられず、会いたくてどうしようもない」女性へ 渡辺えりさんのアドバイス

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです