メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興住宅で「孤独死」200人超 被災3県、孤立防ぐ対策必要 東日本大震災

 東日本大震災後、岩手、宮城、福島の3県の災害公営住宅(復興住宅)で、誰にもみとられず亡くなる「孤独死」が少なくとも208人に上っている。毎日新聞の被災自治体へのアンケートと3県などへの取材で明らかになった。津波被害を受けた岩手・宮城両県では180人に達し、仮設住宅での孤独死(155人)を上回った(福島県は、仮設住宅での孤独死の数を把握していないと回答)。3県いずれも復興住宅への入居が本格化した2017年以降、孤独死が急増しており、高齢化する被災者が周囲と交流しない「社会的孤立」をなくすための対策が求められる。

 毎日新聞は7~8月、復興住宅が整備されている64市町村にアンケートを実施、全市町村から回答を得た。…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです