メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ場ネット倒壊、太陽光パネル出火、桟橋に船接触 台風15号の暴風被害まとめ

[PR]

倒壊した送電線の鉄塔=千葉県君津市で2019年9月9日午後0時40分、本社ヘリから玉城達郎撮影

 8日夜から9日早朝にかけて、関東地方を通過した強い台風15号。千葉県市原市のゴルフ練習場では、ネットを張っていた鉄骨の支柱が複数本倒れて十数軒の住宅を直撃し、けが人が1人出た。ネットを含めて倒れた範囲は長さ約140メートルに及ぶ。

 市消防局によると、9日午前4時25分ごろ、被害に遭った住宅から「妹が挟まれている」と通報があった。20代女性が約1時間後に救出されたが、胸や腹を挟まれて軽傷を負った。2階建て住宅の屋根が壊れた細野実さん(62)は「2階にいた妻と息子は無事だったものの、どこかに避難するしかない」と嘆いた。練習場の運営会社の渡辺貞彦専務(68)は取材に「ネットや支柱は月に1度、業者が点検している。強度は高く、まさか倒れるとは思わなかった。被害者への補償を検討したい」と説明した。

 午後1時ごろには、同市の山倉ダムの水面に浮かべられた太陽光パネルが燃えていると通行人から119番があった。市消防局によると、強風でパネルが水面からめくれ上がった後に出火したとみられ、約50枚が焼けた。けが人はいなかった。

消火活動が続く山倉ダムの湖面に設置された太陽光パネル=千葉県市原市で2019年9月9日午後2時49分、本社ヘリから玉城達郎撮影

 同県君津市の山中では午前7時10分ごろ、送電線の鉄塔2基が倒れているのが見つかった。東京電力によると、2基は高さ約45メートルと約57メートルで、停電の原因の一つになったという。

 横浜港でも被害が出た。横浜市中区の本牧ふ頭では、強風のため積み上げてあったコンテナのうち、少なくとも10個が崩れた。ふ頭にある「本牧海づり施設」では、強風にあおられた船舶の接触を受け、渡り桟橋が大きく破損した。海沿いの「南本牧はま道路」にも別の船舶が接触し、側面が数十メートルにわたって破損した。

 大黒ふ頭付近では、大型の「浮きドック」が風で漂流。大黒大橋に接触したものの大きな損傷はないという。

 海岸部に近い日産自動車の工場も影響を受けた。神奈川県横須賀市の追浜(おっぱま)工場、横浜市神奈川区の横浜工場、同市中区の本牧専用埠頭(ふとう)が一部冠水し、操業を一時停止した。【加藤昌平、上遠野健一、池田直】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです