メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アコヤガイ200万個以上大量死 平年の約5倍 三重

養殖網で口を開け死んだアコヤガイが多数見つかった=三重県志摩市の英虞湾で2019年8月31日午前9時54分、林一茂撮影

 全国有数の真珠養殖地・三重県志摩市の英虞湾などで母貝のアコヤガイが大量死した問題で、同県は9日、真珠養殖業者への調査結果を発表し、死んだ貝が少なくとも200万個を超えていることを明らかにした。5~6月に海に投入した生後数カ月の稚貝の約70%が死んでおり、平年の5倍近くに上ったことも分かった。

 調査は8月19~30日、県内の252業…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです