メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アコヤガイ200万個以上大量死 平年の約5倍 三重

養殖網で口を開け死んだアコヤガイが多数見つかった=三重県志摩市の英虞湾で2019年8月31日午前9時54分、林一茂撮影

 全国有数の真珠養殖地・三重県志摩市の英虞湾などで母貝のアコヤガイが大量死した問題で、同県は9日、真珠養殖業者への調査結果を発表し、死んだ貝が少なくとも200万個を超えていることを明らかにした。5~6月に海に投入した生後数カ月の稚貝の約70%が死んでおり、平年の5倍近くに上ったことも分かった。

 調査は8月19~30日、県内の252業…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 新型コロナ 伊勢崎の男性が感染 県内で会食、7人濃厚接触 /群馬

  5. 埼玉県、倍増の600床確保へ 感染拡大傾向で病床数判断引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです