メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市教委「山口組行事に参加はダメ」 ハロウィーン前に児童・生徒指導

山口組総本部で子供たちに配られた菓子

 毎年10月末のハロウィーン当日、国内最大の指定暴力団「山口組」が総本部(神戸市灘区)で子供に菓子を配る行事を巡り、神戸市教育委員会は今月から、周辺の児童・生徒に参加しないよう指導を始めた。これまで組員の子供への配慮から積極的な指導を控えてきたが、抗争事件の勃発などから方針を転換した。

 山口組は遅くとも2013年ごろから、例年10月31日、組関係者がカボチャのお化けなどに扮(ふん)するなどし、子供らに菓子の詰め合わせを無料で配布。兵庫県警によると、昨年は約1000人が訪れ、近年は増加傾向にある。

 市教委によると、指導は2学期が始まった9月から周辺の小中学校で順次スタート。防犯や非行防止に関する…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 県警少年課 「パパ活」「ママ活」に待った! 県警少年課、ツイッターアカウント開設 投稿に「大変危険」返信 /埼玉

  3. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  4. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  5. 見る探る 記者が働いていた新宿ゴールデン街を歩く 知られざる昭和の空間と変化の波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです