メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山・魚津の国道で54歳男性死亡 外側に人がしがみついた状態の走行車が目撃される

渋谷さんが血を流して倒れていた現場=富山県魚津市仏田の国道8号で2019年9月9日午後1時40分、高良駿輔撮影

[PR]

 8日午後10時40分ごろ、富山県魚津市仏田の国道8号で、男性が血を流して倒れているのを車で通りかかった人が見つけ110番した。県警魚津署によると、男性は新潟県阿賀野市村岡、無職、渋谷直純さん(54)で、病院に搬送されたが約4時間半後に死亡が確認された。

 現場近くでは直前、運転席の外側に人がしがみついた状態で走行する乗用車が目撃されており、同署が関連を調べている。

 現場は片側1車線の直線道路で、渋谷さんは中央付近であおむけに倒れていた。現場の約1・5キロ南の国道8号上には、渋谷さんが所有する車が止まっていた。【高良駿輔】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです