特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

近畿、NTT西日本が8大会連続21回目の本大会出場 社会人野球日本選手権

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本製鉄広畑-NTT西日本】サヨナラ勝ちで近畿代表を決め、喜ぶNTT西日本の選手たち=わかさスタジアム京都で2019年9月8日、川平愛撮影
【日本製鉄広畑-NTT西日本】サヨナラ勝ちで近畿代表を決め、喜ぶNTT西日本の選手たち=わかさスタジアム京都で2019年9月8日、川平愛撮影

 ○NTT西日本1―0日本製鉄広畑●=8日・わかさ京都(代表決定戦)

 社会人野球の第45回日本選手権近畿予選は最終日の8日、わかさスタジアム京都で代表決定戦が行われ、NTT西日本は日本製鉄広畑にサヨナラ勝ちし、8大会連続21回目の本大会出場を決めた。

やるべき打撃貫き 苦手投手を攻略

 打った瞬間、「外野を越える」と確信した。九回1死二塁からNTT西日本の3年目・浜田祥伍が放った右中間サヨナラ二塁打。今年の都市対抗2次予選で2度、抑えられた日本製鉄広畑の右横手・川瀬航作を最後につかまえた。

 打ったのは高めの146キロの直球。「唯一、打てる球」(浜田)を呼び込んだのはそれまでの粘り。低めへの140キロ台中盤の直球などをカットし、6球目の失投を仕留めた。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文631文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る