メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC STORY

前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

北海道マラソンで優勝した前田穂南=札幌市中央区で2017年8月27日、梅村直承撮影

前田穂南(23)=天満屋

 江戸後期の1829年に創業し、中国地方で百貨店を展開する天満屋は、女子マラソンの「名門」だ。2000年シドニー大会の山口衛里、04年アテネ大会の坂本直子、08年北京大会の中村友梨香、12年ロンドン大会の重友梨佐と実に4大会連続で五輪代表を輩出した。2大会ぶりの代表を送り出そうと目指すチームで、前田は期待の星だ。

 小学校のマラソン大会でいつも1位に輝き、担任教諭の勧めもあって中学から本格的に長距離を始めた。だが、全国的には無名の存在だった。強豪の大阪薫英女学院高に進学したものの、個人種目で全国高校総体に出られず、全国高校駅伝でも補欠ばかりだった。

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです