メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金野昭次さん死去 75歳 札幌五輪「日の丸飛行隊」の銀メダリスト

1972年の札幌冬季五輪スキージャンプ70メートル級で日本がメダル独占、表彰式で観衆の声援に応える左から2位の金野昭次選手、優勝の笠谷幸生選手、3位の青地清二選手=札幌市の宮の森シャンツェで1972年2月6日、接待健一撮影

 1972年札幌冬季五輪のスキージャンプ70メートル級銀メダリスト、金野昭次(こんの・あきつぐ)さんが5日、下咽頭(いんとう)がんのため札幌市内の病院で死去した。75歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻節子(せつこ)さん。

 札幌市出身。切れ味鋭いジャンプで「カミソリ」の異名を取り、札幌五輪では先陣を切…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです