金野昭次さん死去 75歳 札幌五輪「日の丸飛行隊」の銀メダリスト

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1972年の札幌冬季五輪スキージャンプ70メートル級で日本がメダル独占、表彰式で観衆の声援に応える左から2位の金野昭次選手、優勝の笠谷幸生選手、3位の青地清二選手=札幌市の宮の森シャンツェで1972年2月6日、接待健一撮影
1972年の札幌冬季五輪スキージャンプ70メートル級で日本がメダル独占、表彰式で観衆の声援に応える左から2位の金野昭次選手、優勝の笠谷幸生選手、3位の青地清二選手=札幌市の宮の森シャンツェで1972年2月6日、接待健一撮影

 1972年札幌冬季五輪のスキージャンプ70メートル級銀メダリスト、金野昭次(こんの・あきつぐ)さんが5日、下咽頭(いんとう)がんのため札幌市内の病院で死去した。75歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻節子(せつこ)さん。

 札幌市出身。切れ味鋭いジャンプで「カミソリ」の異名を取り、札幌五輪では先陣を切…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

あわせて読みたい

注目の特集