メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC イチおし

野上恵子 けがに苦しみ続けた遅咲きランナー、再び輝く姿を

【女子マラソン】2位でフィニッシュし笑顔の野上恵子=ジャカルタで2018年8月26日、宮間俊樹撮影

東京本社運動部・田原和宏

 これほど輝かしい舞台が待っているとは、本人も想像していなかったに違いない。昨年8月のジャカルタ・アジア大会で、銀メダルを手にした遅咲きランナー、野上恵子(33)=十八銀行=が私のイチおしだ。東京五輪の代表を決める大一番で、再び輝く姿を見たい。

 もう丸10年近く前になる。私が福岡に勤務していた2009年10月。福岡県で開催された実業団女子駅伝西日本大会で、全日本大会のガイドブック向けの取材で初めて話を聞いた。試合後、「グラビア取材? 私がですか」と戸惑う本人から秋晴れの空の下のベンチに座り、聞かされたのはけがに苦しみ続ける競技人生だった。

 強豪校で知られる古里の兵庫・須磨学園高に入学したが、全国高校駅伝は3年連続で補欠。3年時には初の全…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです