メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア紀平「4回転ジャンプ時代」に自信あり 12日開幕オータム・クラシック(スポニチ)

[PR]

 フィギュアスケートの昨季のGPファイナル女王・紀平梨花(17=関大KFSC)が8日、今季初戦となるオータム・クラシック(12日開幕、カナダ・オークビル)出場のため出発した。

     米国の新星アリサ・リュウ(14)らの登場により女子も「4回転ジャンプ時代」に突入。紀平はスイスなどでの直前合宿で新時代到来に備えてきた。特に米コロラドでの高地合宿では4回転サルコーを何度も着氷し「緊張感がなく挑戦できるようになってだいぶ、着氷の確率も上がってきました」と笑顔を見せた。

     4回転サルコーにトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)2本という日本女子初の最強プログラムが初戦から見られるかもしれない。 (スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

    2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

    3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

    4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです