メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

朝鮮半島・非武装地帯周辺ルポ 南北間に壁、地雷207万個

道路のすぐ脇に掲げられた地雷原を示す逆三角形の赤色の標識=韓国京畿道で(KCBL提供)

 朝鮮半島を韓国と北朝鮮に隔てる軍事境界線(北緯38度線)一帯の非武装地帯(DMZ)は、世界的に見ても地雷の埋設密度が高く、除去が進まないエリアだ。南北が融和に向かう時、立ちはだかる課題の一つがこの地雷。対人地雷禁止条約(オタワ条約)の発効から3月で20年がたった。NGOの連合体・地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)のメンバーである韓国対人地雷対策会議(KCBL)の協力を得て、現地を視察した地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)の一行に同行した。【高尾具成】

この記事は有料記事です。

残り2485文字(全文2715文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです