メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村芝翫 明るく奇想天外に 天竺徳兵衛に初挑戦

中村芝翫さん=吉田航太撮影

 ガマ(カエル)の妖術を使う怪人を主人公にした奇想天外な四世鶴屋南北作品で、10月に東京・国立劇場で上演される通し狂言「天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)」に主演する。

 徳兵衛は江戸時代初期の鎖国以前に天竺(インド)と交易をしたとされる実在の商人。その名を借りた浄瑠璃や歌舞伎が多く生み出されたが、決定版と言えるのが今回上演の文化元(1804)年に初演された南北作品だ。

 芝翫が初めて、その舞台に接したのは1972年の国立劇場公演。小学校低学年ながら、二世尾上松緑の徳兵…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1001文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです