メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

外国人労働者

 汚れた路地裏、川から漂う汚水の臭い。しかし、人々はあまり気にせず、皆急ぎ足で、街には活気があふれていた。初めて見るその風景を懐かしく感じたのは、幼い頃に過ごした万博前後の大阪にどこか似ていたからか。取材で訪れたベトナムは今、経済が急成長している。日本の外務省によると、ASEAN(東南アジア諸国連合)でトップクラスという。

 そのベトナムから多くの人が来日しつつある。人手不足解消のため、外国人労働者受け入れが拡大されたから…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです