メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号 県内12人が負傷 11万軒停電、断水も /茨城

街路樹のケヤキが折れ、タクシーを直撃した=茨城県日立市平和町1で9日午前9時31分

 台風15号は通勤時間帯に茨城県を通過し、県内では被害や影響が相次いだ。強風にあおられて転倒するなど12人が負傷し、27の建物で被害が確認された。鉄道は始発から運休。32市町村で最大約11万2000軒が停電し、断水した住宅もあった。【まとめ・吉田卓矢】

 気象庁によると、龍ケ崎市では観測を始めた2008年以降最も強い最大瞬間風速36・9メートルを記録。鹿嶋市(36・6メートル)と鉾田市(29・7メートル)でも観測史上で最も強い風が吹いた。

 鹿嶋市では1時間当たりの降水量が50ミリに達し、観測を始めた1976年以降の9月の最多を記録した。…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです