メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

回廊の北西隅に礎石 高崎・国分尼寺跡で発掘 規模や構造示す手がかりに /群馬

上野国分尼寺跡の発掘調査で確認された回廊の北西隅のものとみられる礎石=群馬県高崎市東国分町で

 高崎市教委は9日、国分尼寺跡(高崎市東国分町)発掘調査で、中門と金堂をつなぐ回廊の北西隅とみられる位置で柱を載せる礎石を確認したと発表した。2017年の調査で南東隅を確認しており、今回の発見は、回廊の規模や構造を示すとともに、金堂の正確な位置を探る手がかりになるという。

 礎石は縦80センチ、横1メートル、厚さ40センチ。当時の位…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  5. 池袋暴走 高齢ドライバー対策の契機に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです