メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

漆黒を照らす/83 卑劣行為許さぬ行動を 日韓対立で広がる反感 /大阪

安倍晋三首相(左)と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領=大阪市中央区で2019年6月28日(代表撮影)

 「今、韓国に行っても大丈夫?」。仕事で頻繁にソウルを訪れるので、毎日のように、そう聞かれるようになった。逆に韓国の知人からは、「日本はたいそうな嫌韓ムードだそうだけど行っても大丈夫?」と尋ねられる。日韓の外交、通商の対立は、市民の中に不安と、そして反感を生む事態に至っている。

 最近、とても気になる事件が立て続けに起こった。8月末、東京の韓国大使館に銃弾のようなものが入った封筒が送りつけられた。同封された脅迫文には「我々はライフルを持っていて、あらゆる角度から狙撃する」「韓国人は出て行け」などと書かれていたという。また9月1日には、韓国大使館の前に設置されたポストを壊したとして右翼団体幹部の男が現行犯逮捕されている。どちらも実に幼稚でひきょうな犯罪行為だ。ごく一部の偏執的で非常識な人間の犯行だ、と多くの人は考えるかもしれない。だが、今、この極端な行動が現れたことの根っこに、反韓感情の広がりがあるのは間違いないだろう。

 韓国政府関係者に問い合わせてみた。「大使館や領事館にかかってくる匿名の抗議電話が8月に入ってからか…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです