メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大伴旅人たたえた「象の小川」横にゲストハウス開業 公民館を改築、活性化狙い 吉野 /奈良

ゲストハウス「きさのせせらぎ」オープンのテープカットをする関係者ら=奈良県吉野町喜佐谷で、萱原健一撮影

大伴旅人たたえた「象(きさ)の小川」横に

 吉野町喜佐谷に公民館を改築したゲストハウス「きさのせせらぎ」が今月、オープンした。アユのつかみどりやホタル観賞、万葉歌碑巡りなどの体験メニューで都会から人を呼び込み、地域の活性化につなげたい考え。

 ゲストハウスの横を流れる「象(きさ)の小川」は、万葉歌人の大伴旅人がそのすがすがしさを詠んでたたえ、九州の大宰府長官になってからも懐かしんで…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです