メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

用水路転落女性を救出 新居浜南高3年・宮林さんに感謝状 /愛媛

感謝状を受けた宮林紀世さん。高校ではボランティアをする部活をしている=愛媛県新居浜市の新居浜署で、木島諒子撮影

 おばあさんがあおむけの状態で流れてきた――。用水路に転落した80代女性を1人で引き上げ救出したとして新居浜南高3年の宮林紀世さん(18)に新居浜署(立花真紀署長)から感謝状が贈られた。女性は擦り傷など軽傷を負ったが一命を取り留めた。宮林さんは「もたもたしていたら流されてしまうと思い、とっさに体が動いた。大きなけがが無くてよかった」と当時を振り返った。

 2日午後3時半ごろ。始業式だったこの日、宮林さんは友達とけんかをしてしまい気分転換をしようと普段は通らない新居浜市中西町付近の道路を散歩していた。すると、近くの用水路からうめき声や「助けて」という声が聞こえ、驚いて見ると高齢女性が頭からあおむけで流れてきた。水深は1メートル弱で流れは早かったが、「ただ事ではない」とすぐに用水路へ入り、女性の両脇を抱えて引き上げたという。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです