メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シェアサイクル実証実験 松山市中心部に40カ所 10月上旬から /愛媛

配備予定の自転車=陽報提供

 松山市は10月上旬から、街中に配備された自転車をスマートフォンアプリやICカード、指紋認証で解錠して利用できる公共自転車「シェアサイクル」導入の実証実験を始める。市内中心部に約40カ所のサイクルポートを開設する計画で、年内に100台程度配備し、250台まで増やす。2024年7月末までに実験結果を分析し、本格運用を検討する。【木島諒子】

 シェアサイクルは、公共交通を補う新たな移動手段として市民の移動のほか、観光客の回遊性向上、放置自転…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです