メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シェアサイクル実証実験 松山市中心部に40カ所 10月上旬から /愛媛

配備予定の自転車=陽報提供

 松山市は10月上旬から、街中に配備された自転車をスマートフォンアプリやICカード、指紋認証で解錠して利用できる公共自転車「シェアサイクル」導入の実証実験を始める。市内中心部に約40カ所のサイクルポートを開設する計画で、年内に100台程度配備し、250台まで増やす。2024年7月末までに実験結果を分析し、本格運用を検討する。【木島諒子】

 シェアサイクルは、公共交通を補う新たな移動手段として市民の移動のほか、観光客の回遊性向上、放置自転車の削減といった効果が期待されている。全国で導入が広がっている。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです