メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇佐・豊後高田・国東広域ごみ施設 1社入札対応で合意 中止して再入札協議 /大分

 建設計画が白紙となった宇佐・豊後高田・国東広域事務組合のごみ焼却センターについて、3市は業者選定を条件付き一般競争入札で実施し、1社のみとなった場合は入札を中止すると合意した。残った検討項目の「発注方式」は今後、詰める。

 宇佐市西堀に建設予定の施設を巡っては、入札参加予定だった2グループのうち一つが辞退。不正情報も寄せられたが、外部の公正入札調査委員…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです