メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年半 コミュニティー作り難航 復興住宅孤独死、200人超 発見遅れ 「個人情報」が壁

 

 東日本大震災後、岩手、宮城、福島の3県で、災害公営住宅(復興住宅)に暮らす人たちの孤独死が200人を超えた。被災者の社会的孤立を防ぐため、住民同士で作る自治会の役割が重要になる。しかし「個人情報」の壁や仮設住宅との住環境の違いに阻まれ、新たなコミュニティーづくりに苦慮するケースが各地で目立つ。

 仙台市若林区の復興住宅「荒井東市営住宅」で昨年12月27日、死後数カ月たった60代の男性の遺体が見つかった。玄関先に郵便物がたまっているのを不審に思った住民が警察に通報した。男性は独居で町内会(自治会)に加入しておらず、近所付き合いはなかった。

 「男性の存在を把握していれば、悲劇を未然に防げたのでは」。この自治会の会長、庄司宗吉さん(83)は…

この記事は有料記事です。

残り2396文字(全文2717文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです