メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

復興住宅どんなところ? 仮設から高齢者ら入居 区切り壁厚い集合住宅=回答・安藤いく子

災害公営住宅の一つ、福島県南相馬市の「北原団地」=2019年9月5日午後0時28分、寺町六花撮影

 なるほドリ 東日本大震災の被災3県にある災害(さいがい)公営(こうえい)住宅で孤独死が200人以上出ているんだってね。この住宅はどんなところなの?

 記者 市町村や県が建てた賃貸住宅を「公営住宅」と言います。「災害公営住宅」とは、地震や津波といった災害で自宅を失った被災者が、安い家賃で暮らせる住宅です。震災直後はプレハブの「仮設住宅」が建てられ、多くの被災者が暮らしました。仮設から移り住んだ災害公営住宅には高齢者や働いていない人などが入居しています。東日本大震災では「復興(ふっこう)住宅…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです