連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

復興住宅どんなところ? 仮設から高齢者ら入居 区切り壁厚い集合住宅=回答・安藤いく子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
災害公営住宅の一つ、福島県南相馬市の「北原団地」=2019年9月5日午後0時28分、寺町六花撮影
災害公営住宅の一つ、福島県南相馬市の「北原団地」=2019年9月5日午後0時28分、寺町六花撮影

 なるほドリ 東日本大震災の被災3県にある災害(さいがい)公営(こうえい)住宅で孤独死が200人以上出ているんだってね。この住宅はどんなところなの?

 記者 市町村や県が建てた賃貸住宅を「公営住宅」と言います。「災害公営住宅」とは、地震や津波といった災害で自宅を失った被災者が、安い家賃で暮らせる住宅です。震災直後はプレハブの「仮設住宅」が建てられ、多くの被災者が暮らしました。仮設から移り住んだ災害公営住宅には高齢者や働いていない人などが入居しています。東日本大震災では「復興(ふっこう)住宅…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集