メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、「6派支持」重視 内閣改造・党人事 安定図り留任続出

 安倍晋三首相(自民党総裁)は8日、東京都内の私邸で麻生太郎副総理兼財務相と約1時間半にわたって2人きりで会談した。11日の内閣改造・党役員人事や政権運営を協議したとみられる。首相は今回の改造で、麻生氏や二階俊博幹事長、岸田文雄政調会長らの主流6派閥の領袖(りょうしゅう)や幹部級を軒並み留任・横滑りさせる判断を下した。石破派以外の6派に支えられる政権基盤の「安定」を重視した。【飼手勇介、竹内望】

 麻生氏と首相の信頼関係は深くて長い。2006年からの第1次安倍内閣で麻生氏を外相、幹事長に起用。1…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです