メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

新時代のロシア・トルコ関係=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 トランプ大統領のもと米国の対外政策において軍事同盟は最重要事項から相対的位置づけへと変化した。旧ソ連が消滅して四半世紀が経過して、ロシアの経済力がオランダ一国並みと想定すれば北大西洋条約機構(NATO)維持のための米国側高負担ばかりが気になる、との見方に米国有権者のかなりも同意する。

 これに対して冷戦構造を経済面で依然として脱せられないのがロシアだ。冷戦末期には、ソ連の経済諸資源の半分近くが軍事面への動員だとアメリカ・カナダ研究所長のアルバトフ氏は語ったものだ。そして巨大な軍産複合体は四半世紀を経過しても民需転換に成功しなかった。今日もなおロシアの輸出の半分以上が原…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです