メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 広瀬章人竜王-三浦弘行九段 第11局の4

実は大変

 図の局面。後手には[後]6九銀や[後]4九銀の強襲があり、2筋突破は約束されている。どちらを選ぶか。ここでの二者択一の熟考は、三浦にとって楽しみな時間に思えた。

 まず、[後]6九銀から飛車を成った実戦の進行を見てみよう。銀を捨てて角を切り、差し引き角の丸損で[後]2八飛成。先行投資は大きいが、桂香の回収が見込まれ、元は取れそうに思える。

 だが、[先]5九銀~[先]4八金(本日終了図)が読みの入った防御だった。上ずった金を引いて[後]5…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文592文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです