メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

検証 五輪・パラ、難敵は天候 大雨で汚水、海に直撃

 

 東京五輪・パラリンピックを想定した本番会場でのテスト大会が各競技で行われている。7、8月は気象面の課題を洗い出す目的で屋外競技が重点的に実施された。期間中に台風10号が接近したことで、会場の水質維持や落雷対策の重要性が改めて浮き彫りになったほか、暑さ対策は人だけでなく、馬への更なる配慮も課題として残った。

 水質問題に揺れたのは、東京湾岸のお台場海浜公園(東京都港区)だ。8月11日の水泳オープンウオーターのテスト大会で、選手から「トイレみたいな臭い」と悪臭を指摘する声が上がり、同17日のパラトライアスロンのテスト大会では国際トライアスロン連合(ITU)が定める上限の2倍を超える大腸菌が検出されたため、スイムが中止となり、ランとバイクのみのデュアスロンに変更された。

この記事は有料記事です。

残り2123文字(全文2459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです