メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

トリビア2020 オリパラ 「言葉から平等」願い

 オリンピック・パラリンピックを略した「オリパラ」という言葉の歴史は、意外に浅い。毎日新聞では2014年4月23日付朝刊「記者の目」で、全盲の岩下恭士記者が、現在は同一開催都市で五輪、パラリンピックの順に開かれていることについて、「オリパラの同時開催を訴えたい」と記したのが初めてだ。20年東京大会開催を機にできた「新語」である。

 毎日新聞で3回目の「オリパラ」登場となったのは故永六輔さんのコラム「永六輔その新世界」だった。15…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文504文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  3. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 連休なのに…千葉の観光地悲鳴「アクセス復旧を」 シーワールドは早々に再開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです