メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 同時開催、見る機会増え=越智貴雄

パラバドミントンの世界選手権でショーアップされたメインコートに登場した世界ランキング1位の鈴木亜弥子。この試合の後、優勝したバドミントン男子の桃田賢斗らが熱戦を繰り広げた=写真家・越智貴雄さん撮影

 世界では、競技としてのパラスポーツが浸透し、観戦する対象になってきた気がする。国際的に有名なマラソン大会では車いす部門も行われることが当たり前になっており、テニスの4大大会にも車いす部門が設けられている。私がこの夏に取材で訪れたカヌー(ハンガリー・セゲド)、バドミントン(スイス・バーゼル)、トライアスロン(スイス・ローザンヌ)の世界選手権でも、パラ競技と五輪競技が同時開催されていた。

 バドミントン世界選手権の今年の開催地には東京も立候補していたが、スイス・バーゼルがパラ競技の同時開催を掲げたことが強みになり、開催につながったという。パラ種目の一部の決勝では、会場の大きなメインアリーナが使用された。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです