メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年半 出身超え「団地は一つ」 孤独死ゼロの復興住宅 福島・南相馬

夏祭りの参加者と談笑する鶴島一浩さん(中央)=福島県南相馬市原町区の南町団地で2019年8月25日、渡部直樹撮影

交流会、祭り、清掃…地道に誘い

 いつもは人通りの少ない団地によさこい節が響くと、ベランダから住民が次々に顔をのぞかせた。8月下旬、福島県南相馬市原町区にある災害公営住宅(復興住宅)「南町団地」で初めて開催された夏祭り。東京電力福島第1原発事故で避難する団地の住民や離れて暮らす家族、近隣の人ら数百人が集まった。「こんなに集まってくれてありがたい。孤独死を防ぐためにもイベントは大事」。団地の管理人代表で、祭りを取り仕切った鶴島一浩さん(64)は目を細めた。

 南町団地は2016年、入居が始まった。5階建て5棟に入居する約230世帯のうち5割が隣接する浪江町…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです