メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報 金野昭次さん 75歳=札幌冬季五輪銀メダリスト

札幌冬季五輪スキージャンプ70メートル級表彰式。左から銀の金野昭次、金の笠谷幸生、銅の青地清二の3選手=札幌市で1972年2月6日

 1972年札幌冬季五輪のスキージャンプ70メートル級銀メダリスト、金野昭次(こんの・あきつぐ)さんが5日、下咽頭(いんとう)がんのため札幌市内の病院で死去した。75歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻節子(せつこ)さん。

 札幌市出身。切れ味鋭いジャンプで「カミソリ」の異名を取り、札幌五輪では先陣を切…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです