メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とびうお少年野球 長住少年が頂点に 64チーム熱戦制す

 第34回とびうお少年野球大会(福岡市少年軟式野球連盟主催)は8月13~17日、福岡市西区の西部運動公園野球場を主会場に開催された。九州・沖縄各県と広島、徳島両県から64チームが参加し、熱戦を繰り広げた。決勝は福岡勢同士の戦いとなり、長住少年野球部が安徳ヤングファイターズを15―2で降し、5年ぶり5度目の優勝を飾った。3位は福岡ストロングナイン(福岡)と浦添タイガーズ(沖縄)だった。最優秀選手賞に選ばれた長住の渡辺羽琉真選手は「チャンスで打つことができた。次の大会もMVPを目指します」と力強く話した。

この記事は有料記事です。

残り1492文字(全文1745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです