メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生が友人相手に政権批判、違法ですか? 柴山文科相のツイートに波紋広がる

閣議に向かう柴山昌彦文部科学相=首相官邸で2019年9月10日、川田雅浩撮影

 高校生が友人相手に政権批判をするのは違法? 安倍晋三政権に批判的な教員と高校生のツイッターでのやり取りについて、柴山昌彦文部科学相が異議を唱えたことに波紋が広がっている。柴山氏は9日、昼休みに現政権の問題について話しているという高校生の投稿に対し「未成年者の選挙運動は禁止されている」とコメント。教員がツイッター上で高校生に安倍政権に投票しないよう呼びかけたことについても、教員の選挙運動を禁じた公職選挙法137条の「(違反)誘発につながる」と警告した。本当だろうか。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文1719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです