メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きしむ日韓

日韓関係悪化「返す返すも残念」 河野外相が改造前に2年余を回顧

北京郊外・古北水鎮のホテルで会談に臨む河野太郎外相(左)と韓国の康京和外相=2019年8月21日午後1時59分、秋山信一撮影

 河野太郎外相は内閣改造を翌日に控えた10日の記者会見で、2017年8月の就任から2年余を回顧し、日韓関係の悪化が「返す返すも残念」と悔やんだ。延べ123カ国・地域を訪問した実績や日中関係の改善など「成果」も強調したが、難題の日露平和条約締結交渉は「そう簡単にまとまるとは思っていない」と吐露し、政権が最重要課題に掲げる北朝鮮による拉致問題については言及しなかった。

 河野氏は、日韓関係について「昨年夏ごろまでは韓国の康京和(カンギョンファ)外相と未来志向で議論し、…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです