メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相の側近・世耕氏を幹事長に 狙いは参院自民への官邸の影響力強化

世耕弘成経済産業相=東京都千代田区の経産省で2019年4月5日午前7時32分、藤井達也撮影

 11日の自民党役員人事では、安倍晋三首相の出身派閥、細田派に所属する世耕弘成経済産業相(56)が参院幹事長に就任する。首相は来月開会予定の臨時国会で憲法改正論議の推進を図る。世耕氏を実務を取り仕切る幹事長に据え、独自色の強い参院自民党への影響力を強める狙いがありそうだ。

 「自分の処遇は首相が決めることだ」。世耕氏は人事を前に、周辺にそう語っていた。世耕氏は安倍内閣で官房副長官などを務め、首相と個人的にも近い。「韓国への輸出規制を巡る問題を抱える中で交代は難しい」(官邸幹部)と留任…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです