メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露ウクライナに関係改善機運 まず捕虜や政治犯交換、次の課題は紛争の停戦

交換が実現し、関係者に迎えられるウクライナの捕虜=キエフ郊外のボリスピリ国際空港で7日、ロイター

 軍事対立を続けるロシアとウクライナは、難航していた捕虜や政治犯の交換を実現させて、対話が本格化する機運が高まっている。独仏を交えた4カ国首脳は今月中旬以降にも会談する見通しで、ウクライナ東部で続く紛争の停戦など次の課題に取り組む形だ。

 ロシアとウクライナは7日、それぞれの国で拘束していた捕虜や政治犯35人ずつを交換した。ロシアが昨秋に黒海で拘束したウクライナ艦船の乗組員24人や、著名な映画監督のセンツォフ氏らを解放。ウクライナは、マレーシア機撃墜事件(2014年7月)を目撃したとされる親露派武装勢力の元構成員、チェマフ氏らの身柄を引き渡した…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文685文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御嶽海が2回目の優勝 決定戦制す 大相撲秋場所

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです