メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペルーの世界遺産マチュピチュ遺跡付近に空港建設 研究者ら中止求め署名運動

マチュピチュ遺跡の「玄関口」で進む新空港の建設工事=2019年8月19日、ペルー南部チンチェロで地元の美術史家ナタリア・マジルフ氏撮影、提供

 南米ペルーの世界遺産マチュピチュ遺跡へのアクセスを改善するための新空港の建設工事が進む中、国内外の研究者らが工事中止を求める署名運動を展開している。マチュピチュは南米屈指の観光名所の遺跡であり、新空港は旅行客増加に対応するのが狙いだが、建設現場の近くにある他の遺跡の景観を損ねると危惧するためだ。

 ペルー政府は今年1月、マチュピチュの南東約60キロのチンチェロ郊外の原野で、新空港(敷地面積4・5平方キロ)の建設工事に着手した。2024年の供用開始を目指し、ブルドーザーによる整地作業が続く。

 チンチェロは、インカ文明の遺跡が点在する一帯にある。ペルーの美術史家、ナタリア・マジルフ氏(52)…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1379文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです