連載

麗しの島から

台湾や香港の幅広い話題を現場からお伝えします。

連載一覧

麗しの島から

香港デモの“裏方”たち 最前線で救護やカウンセリング

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衝突現場の最前線で活動する救護ボランティア=香港・金鐘で2019年6月17日、福岡静哉撮影
衝突現場の最前線で活動する救護ボランティア=香港・金鐘で2019年6月17日、福岡静哉撮影

 香港で6月上旬から続く政府への抗議デモでは、警察との衝突で負傷者が続出している。政府に抗議の意思を示して自殺する若者も相次ぐ中で、精神的なショックに苦しむ市民も多い。現場でデモ参加者らの救急治療や心理カウンセリングに当たるボランティアを取材した。

ヘルメットや防毒マスク フル装備で治療に

 私が現場で救護ボランティアの姿に気づいたのはデモ本格化から8日後の6月17日。初めて大規模な衝突が起きた5日後のことだった。ヘルメットに赤十字のような赤い十字のマークを張った若者たちが、催涙ガスを浴びて苦しむ人たちにペットボトル入りの水を手渡していた。催涙ガスを浴びたら、大量の水でガスを浴びた部分を洗い流すことが先決だからだ。

 衝突の最前線では、若者らがレンガや火炎瓶を投げ、警官隊は催涙弾やゴム弾で応戦する。流血の事態も相次ぐが、交通規制などで現場が混乱し、救急車の到着が遅れることが多い。現場での救急治療は不可欠で、救護ボランティアはヘルメット、防毒マスク、ゴーグルといったフル装備で治療に当たる。

この記事は有料記事です。

残り2784文字(全文3231文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集