メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉、神奈川、茨城、静岡で停電60万戸 千葉で8万9000戸断水 台風15号

 台風15号が縦断した関東地方では、10日も千葉県などで停電や断水、交通機関の乱れなどが続き、住民らは復旧を待ち続けた。

 東京電力は10日、千葉を中心に神奈川、茨城、静岡、東京の計1都4県で60万戸を超える停電が続いていると発表した。千葉県君津市で送電線の鉄塔が倒壊するなどしたため、復旧に時間がかかっている。東電によると、10日中に少なくとも33万戸は停電が解消する見込みだが、残る29万戸は11日以降になる見通しだという。

 千葉県内は停電の影響で、中部地域などで浄水場からの送水が停止した。県によると午前0時時点で少なくとも約8万9000戸で断水が続いた。自治体などでつくる水道事業者は給水所を設けるなど対応に追われ、森田健作知事は午前4時に自衛隊に災害派遣を要請した。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  2. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転…「第2波」への懸念強まる

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです