メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR武蔵野線で居眠り運転 動画投稿され発覚「睡魔に襲われた」

JR東日本のロゴマーク=曽根田和久撮影

[PR]

 JR東日本東京支社は10日、7月にJR武蔵野線で普通電車に乗務していた50代の男性運転士が、一時的に居眠りをしていたと発表した。運転士がハンドルから手を離し下を向いている様子の動画が、インターネット上に投稿され発覚した。電車の遅れや停車位置の誤りなどトラブルはなかったとしている。

 同社によると、動画は約1分20秒で、このうち約15秒にわたって居眠りをする様子が写っていた。7月28日午前8時45分ごろ、新八柱―新松戸駅間(約4キロ)で乗客が撮影したとみられる。動画を見た報道機関から8月31日に問い合わせがあり、運転士に確認したところ「睡魔に襲われた」と居眠りを認めたという。社内処分を検討している。

 同社は「ご心配や不安な思いをおかけし、深くおわびします」とコメントした。【稲垣衆史】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです