「安室奈美恵の日」認定ならず 昨年引退した9月16日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
引退から1年がたち、沖縄タイムスの本社ビルに掲げられた安室奈美恵さんの巨大シート=那覇市久茂地で2019年9月3日午前11時18分、遠藤孝康撮影
引退から1年がたち、沖縄タイムスの本社ビルに掲げられた安室奈美恵さんの巨大シート=那覇市久茂地で2019年9月3日午前11時18分、遠藤孝康撮影

 沖縄県宜野湾市観光振興協会は10日、沖縄県出身の歌手、安室奈美恵(あむろなみえ)さん(41)が昨年引退した9月16日を「安室奈美恵の日」に制定することを目指していたが、認定に至らなかったと発表した。宜野湾市では昨年のラストステージなど安室さんのコンサートが数々開かれてきたことから、市観光振興協会が日本記念日協会に制定を申請していた。

 市観光振興協会は10日、ホームページで「当方の認識不足による諸課題に直面し、認定に至ることが出来ませんでした」と説明。そのうえで「安室奈美恵さんご本人、ファンの皆様、日本記念日協会様、関係各位には多大なるご迷惑をおかけ致しました」と謝罪した。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文519文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集