メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安室奈美恵の日」認定ならず 昨年引退した9月16日

引退から1年がたち、沖縄タイムスの本社ビルに掲げられた安室奈美恵さんの巨大シート=那覇市久茂地で2019年9月3日午前11時18分、遠藤孝康撮影

[PR]

 沖縄県宜野湾市観光振興協会は10日、沖縄県出身の歌手、安室奈美恵(あむろなみえ)さん(41)が昨年引退した9月16日を「安室奈美恵の日」に制定することを目指していたが、認定に至らなかったと発表した。宜野湾市では昨年のラストステージなど安室さんのコンサートが数々開かれてきたことから、市観光振興協会が日本記念日協会に制定を申請していた。

     市観光振興協会は10日、ホームページで「当方の認識不足による諸課題に直面し、認定に至ることが出来ませんでした」と説明。そのうえで「安室奈美恵さんご本人、ファンの皆様、日本記念日協会様、関係各位には多大なるご迷惑をおかけ致しました」と謝罪した。

     宜野湾市の沖縄コンベンションセンターでは1995年に安室さん初の沖縄凱旋(がいせん)公演が開かれた。さらに最後のステージとなった昨年9月のライブイベントの会場にもなったことから、市はファンから「聖地」とされている。

     市観光振興協会は昨年の引退に合わせて全国から集められたメッセージカードの寄贈を受け、同協会に展示。連日ファンが訪れている。ファンから「9月16日は特別な日。記念日にしてほしい」との声が上がっていたことから、8月23日に申請した。【遠藤孝康】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

    2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

    3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

    4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

    5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです