メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

狭山丘陵にミゾゴイ 絶滅危惧Ⅱ類の「忍者鳥」 元本紙記者撮影

[PR]

撮影された世界的に希少な渡り鳥「ミゾゴイ」の幼鳥=狭山丘陵で、海老名富夫さん撮影

 世界的に希少な鳥で環境省が絶滅危惧Ⅱ類に指定しているサギ科の渡り鳥「ミゾゴイ」の幼鳥が8月22、23の両日、都心からわずか30キロしか離れていない丘陵地で撮影された。撮影したのは元本紙記者で、埼玉県所沢市でボランティアの自然保護活動を行っている海老名富夫さん(67)。同市と東京都東村山市の都県境にまたがる狭山丘陵でエサ探し中の幼鳥と遭遇し、写真と動画を撮影した。

 ミゾゴイの主な繁殖地は日本だが、正確な世界生息数は分かっていない。日本や越冬先のフィリピンなどでの生息環境の悪化から生息数が減少しているとみられ、1000羽以下との説もあり絶滅が心配されている。日本には春先に繁殖のために飛来し、秋口には越冬地に向け旅立つ。

 ミゾゴイは雌雄同色で全長50センチ前後。頭や体の上面は濃褐色、下面はやや淡い褐色で、警戒時には首を長く伸ばして静止し、周囲の木の枝に姿を似せる「忍者鳥」のうえ、個体数減少もあり目撃例は極めて少なく「幻の鳥」になりつつある。

 狭山丘陵は都心から約30キロしか離れていない。丘陵東端の八国山緑地帯はアニメ映画「となりのトトロ」の「七国山」のモデルともいわれ、絶滅危惧種Ⅱ類のキンランや準絶滅危惧種のシャクジョウソウ、ギンランなどの貴重な山野草や昆虫、チョウ類が生育するほか、オオタカが今年も2年連続で営巣するなど自然豊かな丘陵地だ。

 海老名さんは「住宅が近接する都会の森で出会った時は驚いた。近くで営巣しているなら環境保護が必要になる」と話している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御嶽海が2回目の優勝 決定戦制す 大相撲秋場所

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです