メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

狭山丘陵にミゾゴイ 絶滅危惧Ⅱ類の「忍者鳥」 元本紙記者撮影

 世界的に希少な鳥で環境省が絶滅危惧Ⅱ類に指定しているサギ科の渡り鳥「ミゾゴイ」の幼鳥が8月22、23の両日、都心からわずか30キロしか離れていない丘陵地で撮影された。撮影したのは元本紙記者で、埼玉県所沢市でボランティアの自然保護活動を行っている海老名富夫さん(67)。同市と東京都東村山市の都県境にまたがる狭山丘陵でエサ探し中の幼鳥と遭遇し、写真と動画を撮影した。

 ミゾゴイの主な繁殖地は日本だが、正確な世界生息数は分かっていない。日本や越冬先のフィリピンなどでの生息環境の悪化から生息数が減少しているとみられ、1000羽以下との説もあり絶滅が心配されている。日本には春先に繁殖のために飛来し、秋口には越冬地に向け旅立つ。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 知事、米軍に感染者数公表、一部封鎖求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです