メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省が戦没者遺骨鑑定強化へ特別チーム 収容遺骨「日本人でない」と鑑定された問題も検証

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

[PR]

 厚生労働省は10日、戦没者遺骨の身元を特定するDNA鑑定体制強化に向け、プロジェクトチーム(PT)を設置した。鑑定対象を広げ、DNA以外の新しい鑑定技術の導入も検討する。遺骨収容を巡っては、シベリア抑留者として収容した遺骨が「日本人でない」と鑑定された問題があり、PTは事実関係の検証も担当する。

 PTは職員十数人が所属し、DNA鑑定を委託している法医学者らと連携して遺骨の身元特定を進める。来年度には新部署「鑑定調整室」への格上げも目指す。

 海外戦没者240万人のうち遺骨収容できたのは約半数。このうちDNA鑑定で身元特定できたのは約1100人分にとどまる。これまでは遺骨の保存状態の良いシベリア抑留者が大半だったが、鑑定技術の進展を受け、今後は硫黄島など南方で収容された遺骨の一部も鑑定対象とする。鑑定人を現地に派遣する機会も増やす予定。

 遺骨鑑定では、5年前にシベリアで収容した遺骨16人分について「日本人ではない」などと専門家が指摘していたことが今年7月に発覚した。同省は遺骨返還などの対応策をロシアと協議中で、根本匠厚労相は10日、近く検証結果を公表する方針を明らかにした。【村田拓也、熊谷豪】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです